免許証や保険証など身分証明書は悪用できるのでコピーさせないのが個人情報漏洩対策になる

金融機関、携帯電話ショップ、市役所などでは手続きの際に身分証明書をコピーしたり番号を控えさせてとよく言われる。応じる義務はない。提示して担当者に見せればOK。余計な情報を提出しても百害あって一利なし。