毛先が開いた歯ブラシを2年以上使うと歯茎が下がっていた

毛先が開いた歯ブラシでも歯磨きができる。歯ブラシを買い替えず節約して古い歯ブラシをずっと使っていた。歯磨きの効率低下を補うべく、強くブラッシングしていたら歯茎が下がっていた。目先の節約で健康を害してしまい本末転倒だ。