訴状を自分で作成して弁護過誤本人訴訟に臨む、書き方に工夫はなく事実を淡々と記載した

弁護過誤本人訴訟で最初に作成した書面が「訴状」。この訴状を裁判所に提出することで、悪徳弁護士との法廷バトルが始まる。いや、訴状提出前から戦っていたか。弁護士を訴えるなんて壁が高すぎるぜ。