女性ミニマリストの姫姉様とミニマリストを目指す院生さんが部屋に遊びに来た

お二方は共に手土産を持ってきてくれた。ミニマリストとはいえ、そういう気遣いは断捨離されていない常識人だった。一方、筆者は浄水器の水を提供した程度だが、何もない部屋でもできるだけもてなした。