ハンカチの捨て時を見逃すと寿命の限界を越えて有効活用できた実例

ハンカチを外出時しか使わないのならほとんど劣化しない。外観は、端がほつれてきたり色があせたりする程度だ。性能は、肌触りや吸水量が少し劣化しているかもしれない。しかし、ぼろぼろに破れていない限りはハンカチとして使える。これはあるハンカチの壮絶な一生の物語である。