自宅トイレで大便せず毎回公衆トイレに行き合併浄化槽の検査費用を節約する

下水道が普及していない地域では、合併浄化槽の設置が義務付けられている。設置後も年1回は検査を受ける必要がありお金がかかる。受けなくても罰則はない。検査を受けず問題なく長期間使うには大便をしなければいい。