危険!要注意!回転中のシーリングファン(天井の大きな扇風機)にうっかり手指を入れて出血

東南アジアの建物内の天井には大きな扇風機(シーリングファン)がついていることがある。筆者は身長180cm以上のため、低めのシーリングファンには手が届いてしまう。うっかり怪我をしてしまった。